コロナウィルスとの向き合い方

コロナウィルスとの戦いに引きずり込まれたIT業界。
1ヶ月近く前から油断はしていなかったけど
さすがにいきなり大規模拠点に侵入されたな・・・

当社拠点における新型コロナウイルス感染者の発生について

新型コロナウイルス、安々とNTTデータの中に侵入成功

国内最大手のSIerの作業拠点で感染者が出たということで
それなりに大きなインパクトが業界的にはあるんですけど
報道的には同じ日にお亡くなりになられた方がいたので扱いは小さめ。

中国出身のSEはもう日本のシステム開発、SIerの仕事では不可欠な存在なので
今回NTTデータの拠点でコロナウイルスが出たけど、
別にどこのITベンダーの現場で出てもおかしくはないという状況です。
なので正直言うと「驚き」はないんですけど「戸惑い」はある感じ。
これまでどこか「対岸の火事」な部分も多少はあったんですけど
いやいやそうもいかないぞってのが金曜日の朝からの弊社の感覚。

実際、既にSIer各社が中国に作った現地法人や合弁会社、
中国系の会社での「オフショア開発」の方はかなり影響を受けていて
通常の半分くらいの開発スピードになっているという話もあって
計画の練り直しやら日本での巻取りを検討しだしているとか。

いずれにせよここからは「水際」ではなくて「徹底予防」しかないので
まずは手洗い&うがいとかするしかないよね。
同時に「リモートワーク」に対応できないかどうかを
さっさと動かないと致命傷になりそうです。

ただですね、日テレバンキシャ見ているとコロナウィルスの感染経路不明って話も
実はどこも中国人観光客との接点があって、
結局早期に入国制限できなかったところがポイントのようです。
要は隠蔽しようとした中国政府がとにかく悪いのだけど
そこはいまさらだから言えないのだよな。

"コロナウィルスとの向き合い方" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。