気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS お客をなめてはいけない

<<   作成日時 : 2016/01/16 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お客をなめた企業やサービスは必ずその代償を受けるもので
そんなことは百も承知な会社がコケるのはいったいなぜなのだろう?
「業界のルール」を「顧客」より優先したらそのうち離れていくんだろうな。

1月16日、土曜日、天気は晴れ。
ここのところ自分の仕事がどうのというよりは
ニュースの内容から顧客とサービスについて考えさせられることがあって
もう言葉も出ないのは悲惨なスキーバスの事故だったりします。

【画像】深夜バスの運転手の仮眠室ワロタww

別に仮眠室がどうのということではないのですが
昨日も書いたけど「安い」というのは何か画期的な方法でもないかぎり
どこかで無理をしているのは間違いなくて
そのなかでも目に見えにくい「安全」やら「健康」について
犠牲にしているとなるとこれはもう「危険」でしかありません。

若者はお金無いですからね、安ければそこを優先するのは仕方ないけど
そうではないことを重視することも教えていかなくてはいけないのでしょうね。
もっとも大人を名乗る我々も「安さ」という魅力には弱いわけですが・・・

SMAP解散騒動と所属事務所独立という芸能界のタブー

メリー副社長「I女史と4人のメンバーは絶対に芸能界で仕事をさせない!」

芸能界のルールとやらを知らないのでなんとも言えない点もありますが
少なくともそれは「内輪の論理」でしかないわけでして
このニュースが出て以降、ずっと感じているのは「ファンが置き去り」ということ。
熱狂的なファンだけではなく、それ以外にもSMAPに対して好意的なイメージを
持っているであろう多くの人達をまったく置き去りにした話は
「顧客をなめたサービス」という印象だけが残ります。

だいたい社内の派閥抗争で顧客サービスを止めるとか
それも売れていないとか人気がないとか収益性が低いならまだしも
日本でもトップのサービスをこんな風にしてしまう経営者って
どこまでもファンを舐めているんだろうなと感じます。

別に円満退社させろ!ってことではないんですよ。
そうではなくて経営者だったらこんな風にならないように
社内をマネジメントしていくことが責任じゃないの?って話。
それが出来ないなら、高圧的に恐怖で押さえつけるしかないなら
もうその立場を潔く退くべきですよ。

こういうお客を置き去りにした企業体質は
いつか必ずしっぺ返しをくらうはずです。
少なくともジャニーズファン以外からは間違いなく今回の件は
マイナスイメージを積み上げただけです。
そしてこのまま最悪な方に倒れれば、テレビにジャニーズのタレントが
出てくる度にこのことを思い出して嫌な気分になる人はいるでしょう。

ひいてはそれがテレビ離れを加速させるかもしれません。
少なくとも今回の紅白歌合戦でマッチをゴリ押しした結果が
あの視聴率を招いた1つの要因でしょうし。
そこまでいって焼け野原になったらもしかしたら変わるかもしれませんね。

だいたいこんな無茶苦茶を通してしまうメディアもだらしないよね。
特定の企業にばかり便宜を図るようならそれは「公共」ではないのだから
電波利用料なんか10倍にしてガッツリと還元していただければいいのでは?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お客をなめてはいけない 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる