気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 続く打合せ

<<   作成日時 : 2016/01/05 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

休み明け2日目、今日は打合せがたっぷり。
何だかんだで話し続けて疲労満載。
やはり徐々にペースをあげられるカレンダーが望ましいですね。

1月5日、火曜日、天気は晴れ。
まだまだ電車はそれなりに空いている今朝はやや疲労多し。
仕事をスタートしたというのもあるけどその他もろもろの分もあって
この辺はペース配分をしっかりとしていかないとなと再認識。
いかんせん月末まで続く試験ロード(正味半日程度ですが)と
いまのタスク&次年度向けの動きなど・・・ハードな3ヶ月になりそうです。

そんなわけで本日は冒頭にも書いたとおりに打合せがたっぷり。
招集者はボクではないのですが自分がメインで関わるテーマなので
担当者の説明を聞きつつ、状況を整理する役割だったり
テーマについての説明をガッツリやったりとなかなかハード。
特に2つ目の打合せは盛り上がって予定を30分以上オーバー。
話すべきテーマが深掘りできて、システムの実装方式についても
ディスカッションできたので成果あり。
ただ来週には担当役員に方向性を説明するので準備が必要です・・・

そんな感じで結構詰め込んで仕事をしたら帰り道は猛烈な眠気。
電車の中が暖かい影響もあってとにかく眠くて仕方ありませんでした。
というわけで今宵は早寝します。

箱根駅伝は日本が抱える病の縮図?

日テレの実況は確かに「ブレーキ」を期待しているようで不快だったり
特定の選手を持ち上げすぎることの悪影響もありますが
箱根駅伝そのものに「不要論」が出るのは要するにそこに出ていた選手が
その後、国際的な実績をあげられないことにあるのでしょう。

もちろんどの選手も実業団に入ってからもきっちりと競技をしているわけですが
学生時代にトップにいた選手がよりレベルの高い環境に入った途端に
あたかもぱっとしないように見えてしまうわけで、その辺はやはり箱根を
過度に演出してしまっているスポーツメディア全体の責任ではないですかね。

あとはオリンピックや世界選手権、特にマラソンで箱根のスターが
実績を残してくれればこの手の話も収まるとボクは思います。
もちろんそれが簡単なことではないのは言うまでもありません。

青学大・原監督が箱根に提言 全国から出場可能に

面白いアイデアではありますね。
ただオープン化ってのはそもそも「全日本」があるので微妙。
あと駅伝だけ見たいわけではないので
それこそいいタイミングで「学生限定マラソン」とかをやって
それを注目させたりすると良いのではないですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
続く打合せ 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる