気ままな雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 気持ちはわかるんだけどさ

<<   作成日時 : 2009/04/14 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

外は本降りになってきました・・・
昼間は晴れたりもしていたんですけどね。

4月14日、火曜日、天気は曇りのち雨。
久しぶりの雨、昼過ぎから降ると思っていたけど
結局、振り出したのは夕方過ぎ。

”雨”で思い出すのは、
「雨の日はなんだか落ち着きませんか?」と
数年前に言われたときに、
「確かに”本”でも読みたくなる」と返答したこと。
でも、考えてみるとボクはどうやら「やっぱり晴れが好き」のようで
なんであのとき、そう言わなかったのかは謎です。


さて、今日は午前中、仕事で(当たり前だけど)
竹橋まで行ってきたんですが、
虎ノ門から竹橋ってちょうど皇居挟んで反対側なので
地下鉄で行こうとしてもグルッと回る必要がありまして
なんとなく近いような遠いような微妙な距離です。
それ以上に感じたのは「仕事で外出する」ことへの違和感。

基本的にこれまでの7年間って”本社”のしかも
特定のフロア、部屋でしか仕事をしてこなかったし、
たまの外出といってもちょっとしたセミナーとか
東証(これは普通ではない気もするけど)とか
やっぱり「内勤」って感じだったので
異動して近場とはいえちょこちょこ外出する生活は
まだちょっと慣れていないところです。
1人で外出するとねぇ・・・どこかフラッっと行きたくなります。

でもって午後はその外出の内容をミーティングで報告。
細かい技術的な話はまったくわかっていないのですが
それでもやる気になれば「報告」はできるものです。
もっともそこまで「期待」されていないというのが事実でしょうけど。

ようやく仕事している感じになってきましたかね。
まだまだ「研修」がメインのような気もしています。
特に上司たち(会社)はそう考えているみたい。
想像以上に手厚いんですね、指導が。
これは多分、他の部署とは大きく違うようです。


ここからは、気になったニュースを。

いわゆる「カルデロン一家」のニュース。
「両親にも在留許可を認めてもいいのでは」という気持ちも
人情的には無いわけではないのですが、
やっぱりこれは無理な話だと思います。

そこにどれだけの事情があろうが、
やはり「法律違反」を許してしまうことは
日本が「法治国家」である以上、
やってはいけないことです。

ここで特例を認めてしまえば
これから先、たくさんの例外を認めることが起きるでしょうし、
なにより「やったもの勝ち」という状況を生んでしまえば
もう、入国管理が成り立たなくなる。


「法は法なり」


感情的には可愛そうにも思えるけど
感情論だけでは、やっぱりどうにもならないわけで、
まず先に守るべきルールがあって
その間に感情的なものが入ってくるんだと思います。
それが「法治国家」ってことなんでしょ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気持ちはわかるんだけどさ 気ままな雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる