情熱大陸20090705 『菅山かおる』

「結果」が出ないときは苦しいもの。
ましてや「期待」されていると、その苦しさは倍増しますな。

何か1つのことを突き詰めてやりきった直後に
新しいことを始めるってのは、意外と難しいと思うんですよね。
そもそも「やりきった」って言えるほどに
物事を突き詰めることが出来ている人はどれくらいいるのか?
もちろんその尺度は人それぞれなわけだし、
結果が出たからやりきったと言える人、
結果が出なくても自分の中で燃え尽きた人、
それぞれなんだと思います。

インドアのバレーボールからビーチバレーへ。
「似て非なる競技」なんでしょうね。
根本的な部分で重なる部分はたくさんあるんでしょう。
その分、ちょっとした違いが熟練者の感覚を狂わす。
相手のサーブが風で変化したり、
思ったようにジャンプできなかったり、
インドアで磨き上げたものを、ビーチではまた1から作り直す必要があって
やっぱりそう簡単に結果は出ないわけです。
逆に言えば、インドアから簡単に転向できてしまったら
ビーチバレーの競技としての魅力はやっぱり下がっちゃうんはず。
いままでやってきた選手だって、そう簡単に新参者に勝たせてくれるほど
プロの世界は優しくはないわけで、なかなか勝てない。

でも、世間(主にマスコミか)はなかなかそこまで見てくれない。
なんとなくあっさり勝てると思ってそうだし、
勝てなきゃ勝てないで面白おかしく書き立てる。
競技そのものを理解して書いている記者なんて
ほとんどいないんだろうとは思いますが
やっぱり期待されているが故の部分もあるんでしょう。

メディアで取り上げられているのはありがたいが、

勝てないのは辛い。


真面目な人ほど辛いでしょうね。
ボクだったら投げ出すか、どこかで開き直ると思います。
(もっともこういう方向転換をすることはないだろうけど)

まぁボクもこれまでやってきた「業務監査」と
いまやっている「システム監査」では勝手が違うんで
低い次元ですが、感覚的には共感できる部分があります。
周囲は同じ”文字”が使われているから余裕だと思っているけど
こちらからすれば全然違うところもあるわけ。
そもそもシステムなんてわかってないことのほうが多いんだからさ。
でも、やるしかないんですよね。
一応、「プロ」なんだからさ。

だから頑張って勝利を積み重ねてほしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック