予想通りの結果

予想通りの結果に拍子抜け。
意外だったのは「え?」って人に同世代が結構、投票していたこと。

4月10日、日曜日、天気はくもり。
本日は統一地方選の前半戦の投票日っていうか東京都知事選挙投票日。

東京都知事に石原慎太郎氏、当選確実

老害都知事再選

事前に予測できていた結果でしょ?違うの?
東国原さんは出馬表明が遅きに失したし、
渡辺さんはこの状況では厳しいだろうという印象。
小池さんは「共産党」ってのがどうみてもネック、彼らは「確かな野党」。
「平時」であれば、もっと違う展開もあったかもしれないし、
石原批判的なものももっと取り上げられたかもしれませんが
いまは「戦時」なわけで(非常時って意味で読んでください)
戦時に「指揮官を替える」というのはこれは難しいです。
だって首相だって替わらないでしょ?

あとは「原発問題」を都知事選挙の争点にするのは
やはり難しいというか土俵が違うということなわけです。
だって国が権限持っていて、民間会社が提供しているサービスなんだから。
東京電力の独占なんだもん、明日から中部電力にします!とか言えないし。
それこそ「これからのエネルギー政策」は各政党、特に民主と自民に聞くべき。
どうしても「原発」が一番大きなテーマのように取り上げられているような
感じで全国的になっていましたが、最後までしっくりきませんでした。

ということで東京は選挙期間中が最も知事が仕事をし、
それがバンバン報道されていたわけで
対立候補は打つ手なしだったんで、この結末は当然。
むしろ20代、30代が東国原さんにあんなに投票していた理由が不明。
お世話になっているという意味では渡辺さんだろうに。
もっとも相変わらず若者の投票率は低いわけで
その点においてもこうなるのは仕方なし。

と、都知事の話はこれくらいにしてゴルフの話。
午後からゴルフスクールへ。
今日は良かった点のみを書きます(反省点が多いと凹むので)
本日はボールの左側に紙を一枚置いて
その紙を打つようなイメージで練習したのですが、
こうすることで自分でもびっくりするくらいダフリ・トップもなく
またインパクト時のフェースも真っ直ぐになるという結果。
今日はユーティリティでやったんですけど、来週は7番ウッドでやってみます。
不思議なくらい気持ちよく打てました。

ってことで再びニュースに。

「君の明らかなる所以の者は、兼聴すればなり。其の暗き所以の者は、偏信すればなり」

本部や会議が乱立…指揮系統、官僚も「不明」

典型的なダメ経営者って感じがするわけです。
「YESマン」ばかり集めてしまい、何かあれば委員会だの会議だのを
次々とつくってしまうという姿が・・・うちの会社は・・・ここまでではないか。
結局、責任の所在は曖昧になるし、抜け漏れは確実に増えるし、
何より、既存の仕組みを有効に活用できていないということが拙い。

「雨から放射能の臭いがする!」 韓国人が続々被曝…100校以上が臨時休校

誰か放射能の臭いをかいだことがある人がいるんだろうねw

「ずっとウソだった」に関する私見

「歩いて帰ろう」のがよくね?

確かに菊池さんの言うとおりです。
「歩いて帰ろう」の方が実はいまの気持ちに近いです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック