時代劇は終コン?

「鬼平」が人間国宝に推薦された日に
「水戸黄門」の終了が決まるとは・・・時代劇は終わってしまうのかな。
それにしてもTBSで見たい番組ってもうほとんど無いような・・・

7月15日、金曜日、天気は晴れ。
「姪の子守をする」という妙にリアリティのある夢をみて
大騒ぎしたようなグッタリ感とともに起床。
大根の煮物と豆腐の味噌汁をこよなく愛する1歳児は
「昭和の香り」満載なんですけどね。

本日、午後はお休みを取ることになっていたので
午前中はみっちりと仕事っていうか引継ぎ。
この一ヶ月ほど一緒にシステムの方式検討をしてくれたSEさんが
来週から別の案件に異動ということで残課題などをメンバーに説明。
ボク自身本当に勉強になることが多かったし、
最後までいろんなアイデアをお互いに話したりして
来週からは不安な点も結構、山積みなのですが
そこは残ったメンバーとともに頑張らなくてはというところ。
それにしてもSE経験の長いマネージャーは
システムを作るときの観点がかなり作り手寄りで
ボクは真逆で完全にユーザー志向(素人だから)なので
意見がぶつかることが多いのが最近の難点。
作りやすい方向で考えていくことは否定しないけど
その前にお客さんの業務を踏まえて使い勝手を大事にしないのは
ボクには理解できないんですけど、これがSEさんたちの中では普通なのだろうか?

ということで濃密な午前中を終えて退社。
今日は期限がきれる寸前のパスポートの更新申請をしに行くことに。
期限内だと住民票だのなんだのがいらないみたいで
10年間で2回しか使っていないわけですが、
今後はどうなるかわかりませんし、現にオフショア開発とかも
徐々に社内で広がっており、昔なら関係ないと言っていられましたが
自分がいつその立場に立つかわかりません。

それにしても夏休みを前にしてパスポートセンターはかなりの混雑。
生後数ヶ月のような赤ん坊もパスポートを作るわけですし、
おじいさん、おばあさんもと病院の待合室のような光景。
結局、1時間ちょっと待って5分も経たずに手続きは完了。
パスポートもICチップが入っているんだそうで、
この10年で色んな技術が進んでいることを実感しました。

申請後は遅めの昼食ということでつけ麺。
「濃厚魚介つけ麺」だったかな、美味しかったです。
で、隣のテーブルでオジサンがビールと餃子を食べて
最後にラーメンという王道を突き進んでいるのをみて
無性に羨ましくなり、最寄り駅到着後にスーパーでビールを買って
家までの道すがら飲んでみました。

16時の陽射しと暑さの中で飲むビールの美味しいこと美味しいこと。
すれ違う人たちに対する軽い罪悪感とものすごい幸福感。
そしてほろ苦い爽快感という最高の組み合わせ、これは癖になりそうです。

ちなみに帰宅後、正夢のごとく姪の子守をすることになるとは・・・

ってことでニュース。

水戸黄門42年の歴史に幕 視聴率低調

【速報】水戸黄門終了

里見黄門さま「後ろから斬られた思い」

「時代劇」が難しいコンテンツになってきているんでしょうね。
コストはかかるし、それでいて演じられる人は少ない。
偉大なるマンネリであり続けたシリーズが1つまた1つと終わる中、
最後の砦であった水戸黄門が終わるということで
今後、時代劇はNHK(地上波では絶滅したけど)と
各局のスペシャルくらいになってしまうのでしょう。

正直、月曜20時ではなくて日曜9時とか
思い切って放送時間を変えてみるという手もあったとは思いますけどね。
いま、月曜20時はNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」という
視聴者層がかぶる番組がありますからね。
うちの父なんぞ、毎週かぶりついてみておりますよ。
それにしても「鬼平犯科帳」の主役である中村吉右衛門さんが
人間国宝に推薦された日にこういうことが発表されると切ないですね。

節電にはテレビを消すほうがエアコンの温度設定を上げるより効果的であることが明らかに

そのうち「高齢者のテレビ離れ」とかって記事が出てきそうですな。

多国籍企業「日本人学生は要らない。インド、中国から雇う」の真実

キヤノン説明会の学歴フィルターが露骨すぎる件

「日本人」を海外の企業がどう見ているかを読んだ直後に
下の記事を読むと噴出してしまいそうになります。
ま、「説明会」だからね、OBとかを並べる都合なんじゃないかと
好意的にとらえております。
だって「学校」で選んでも限界あるしさ、
結果的にそれは可能性を自分たちで削るようなものでしょ。
企業もこういうやり方かどうかは別にして
各大学で個別に説明会やったりするしさ、その場所が違うだけでしょ。

アルバトロスとホールインワン=有村選手、国内初の同日達成

ものすごい確率だな、これ。
アマチュアでもホールインワンはあるんだけど
アルバトロスはまずないだろうし。
ま、ボクには縁のない話ですな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック