心配される

鼻から酸素吸っている祖父に「疲れているな」って言われました。
そんな風に見えているのかと思うと同時に
孫の体調をそこまで心配しなくてもと嬉しくなりました。

9月18日、日曜日、天気は晴れ。
部屋の明るさと暑さに負けて起床は9時過ぎ。
もう少し眠ることもできたのですが、
どうせ明日も仕事なんで極端にリズムを壊さないようにしてみました。
午前中は本当にボケーっとしてひたすら何もせず。

で、昼からはゴルフスクールへ。
3連休だからなのか今日もかなり空いていてラッキー。
ただし、がっつりと打ちっぱなし状態になるので
体力的には結構しんどいというオマケつき。

今日のメインはフェアウェイウッド(4番)。
このクラブが一番不安定ということで集中的に練習。
コーチに言われて高くティアップして打ってみたら
見事にボールの下をクラブがくぐっていったり
打点が安定していないというか、
レベルに振れていないということが明らかに。
この辺は疲労との兼ね合いもあったりするんでしょうけど
なんだかものすごい緊張感のなかで練習してみたところ
徐々にボールをきちっと打てるようになってきまして
普通に置いたボールもミートできるように。
以前は低くティアップして練習していましたが
今後はこの高い方をメインに集中していこうと思います。

帰宅後というかそのまま祖父の家に。
涼しい部屋でテレビを見ていたらそのまま熟睡。
蓄積疲労とゴルフの疲労にはさすがに勝てませんでした。
ま、昼寝くらい何の問題もないでしょう。

今宵は鰺の刺身とビール、そして天ぷら。
なんだかとても贅沢したような気分。
モヤさまも面白かったし、大河は唖然とできたし
なんだか久しぶりに普通の生活をしたような気がします。

明日はガッツリと仕事の予定。
ちゃんと起きれるだろうか?

ってことでニュース。

「公害病」の虚実

ニュースソースなり科学的根拠なりが乏しいのは
確かにいまの報道全般に関わる問題で
それゆえにいかがわしい「自称科学者」とか「ジャーナリスト」が
いたずらに危険を煽っているようにも見えるし
それに影響されて一緒になって騒いじゃっている
そこそこの数の普通の人がいるんでしょう。
「危険かもしれないので騒ぎます」ってのは
感情的には理解できなくもないのですが
それなら以前から他のことでもやっていたの?と
何気なく聞いてみたくなります。
やっぱり何らかの「根拠」は必要でしょ。

原発事故、首都圏も避難対象 菅氏、最悪予測で3千万人

自分の不始末は棚に上げて他人のせいにするわけか。
どこまでもこんな人間があのときの責任者だったことが残念。
「脱原発」なんて言っているけど、この人きっともう忘れていると思う。

韓流スターの日本での謎のファン動員ネットワークがテレビで暴露される


要するに「国民的人気」みたいなものはないってことでしょ。
それはコンビニで売れ残っているどこかのグループの写真が
プリントされたボックスティッシュを見ればわかります。
あれを作って、普通に店頭に並べる神経がわからない。

「未来はいつも面白い」太田光の最後の授業

いい言葉だなと思うのですが、現状、未来が見えていない・・・
今週はどうなってしまうんだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック