何事もギリギリまで我慢

「追悼特集」ってのは貴重な映像が見られたりしてありがたいんだけど
できたら「追悼」なんてかたちじゃなくて、いいものは普段から見たいですな。

11月25日、金曜日、天気は晴れ。
東京郊外はこの冬一番の寒さってことで気温は2℃弱・・・
さすがに手袋を引っ張り出して自転車に乗りました。
よく考えたら気温自体は真冬に近いので
コートを着てもよかったのですが、マフラーでなんとか我慢。
結局、電車に乗ったら暖かくて眠ってしまいました。

今日は部門のイベントで皆さまお留守。
ボクは今回は留守番ってことで場合によっては
午後は休んでしまおうかと思ったのですが
いつもチームを組むお隣の課長から
プレゼン資料の標準化に関する相談を受けまして
「こんな資料があるといいな」というものを検討。
合間にMSProjectを使っての演習をやって(これでPDUがもらえる)
夕方17過ぎに資料をまとめて課長に報告。
どうやら期待には応えられてようなので一安心。
今週は前半の怒涛の展開に対して後半はゆったりと
合間に祝日(ライブ)もあったので盛りだくさんでした。

伊勢丹に寄り道して鈴懸でお菓子を買って帰宅。
祖父の仏前に供えてまいりました。
ここの金鍔は美味しいといってくれていたのです。
なんだかあっという間に時間が過ぎていきますが
まだね、不思議な感じがしてなりません。

ってことでニュース。

ギリギリまで「まとめに入らない」能力

これは納得、最初に落としどころを決めてしまうと枠が狭まりますからね。
ただ、中身はともかくゴールなり成果物なり(スコープ)は
逆に最初に決めておかないと気がついたら「あれ?」ってことになるし。
ちなみにこれを朝読んでいたので、今日はいつも以上に
ギリギリまで検討結果を整理せずに書き出すことに専念しました。
実際、そうやってみるとアイデアって思わぬタイミングで出てくるものです。

NHKが日本語を韓国語にするのが流行しているとデマを流すww

どこで流行っているんでしょうか?
ボクのまわりには1人もいないんですけど・・・
これはもしかして「新大久保」あたりだけの話なのでしょうか?
っていうかNHKはアホか?

巨人清武が本格的にバカだったことが判明

本格的に痛いオジサンだということは判明しました。
確かにコーポレートガバナンスはコンプライアンスの中に含まれる概念ですが
今回みたいなレベルの話はオリンパスと比べると違いますね。
それにしても再度会見開いてこのレベルって・・・

情熱大陸の次回放送

立川談志さん死去・柳家小三治さんインタビューを掲載します

冒頭にも書きましたけど、「追悼」じゃないかたちで見たかったです。
きっと番組もいずれ普通に放送するつもりだったのかも。
情熱大陸は去年のライブの舞台裏だとか。
このライブはうちの両親が行っておりまして
「いいもの見た」と今日も話しておりました。
そして小三治さんのインタビューは淡々と
でも、大事な仲間を失ったことが伝わってきます。

で、今宵のEテレ(教育テレビ)の「居残り佐平次」はよかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック