情熱大陸20120408 『プリンセスプリンセス』 #jounetsu

16年ぶりの再結成か。
「同窓会」ではなくて「プロ」ってのがやっぱり格好いいですね。

世の中には「格好いい年齢の重ね方」というものがあって
16年前(いまのボクと同世代か)に解散した
プリンセスプリンセスが「アラフィフ世代」になって
再び集まったときの姿は格好よかったです。

解散して以降、ほとんどのメンバーが表舞台に立つこともなく
過ごしてきたわけで、一言「再結成」って言っても
楽器の演奏も含めて、そのハードルは相当高いものだったと思います。
さらに「仕事」だったり「家庭」だったり16年前とは
また違うそれぞれの人生があるわけで
リハーサルだったり、準備だったりと「普通の生活」を
両立させていくのは、きっと大変な苦労と周囲のサポートがあったんでしょう。

それにしてもやっぱり曲が流れてくれば
どストライク世代ではないボクも感じる懐かしさ。
「ダイヤモンド」を聴けばテンションがあがってくるし
「M」を、あのイントロを聴けば中学生の時に
M8の楽譜で演奏したことを思い出すわけです。
「M」なんて歌詞も知らずにただ演奏してましたからね・・・
っていうか中学生が何を思ってチョイスしたのかいまでも謎。

でも、そんな懐かしさを届けたいんじゃないんだよね、きっと。
解散から16年という月日の中で積み重ねてきたものを
自分達の音楽を通じて届けようということなんだと思います。

やるからには16年前以上の演奏を目指す

体力的にも技術的にもブランクはかなりのものだったと思いますが
やっぱりリハーサルになれば目つきが変わるし、中途半端な妥協はしない。
そういう姿勢が観客にも伝わるからこその盛り上がりだろうし、
ツアー、東京ドーム公演という流れなんでしょう。

それにしても「お母さん」があんなに格好よく演奏していたら・・・
やっぱり子どもは誇らしいよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック