20年越しか

久しぶりに相撲が盛り上がっているなと思ったら思い切り水をさす展開に。
別にそこまで興味があったわけではないのに、イラっとしてしまいました。
まことに大人気なくて情けなくなります。

5月20日、日曜日、天気は晴れ。
本当にいい天気なんですけど、明日はくもりということで
せっかくに金環日食が見られるのか!?と
東京地方ではヤキモキしている雰囲気を感じます。
同僚の中には「休暇」を取った方もいるんですけど
はてさてどうなってしまうのか、見えるといいなと思います。

本日の起床は7時半・・・目が覚めたんですが
さすがにこんな時間なので再び熟睡、起きたのは10時半。
思いきり2サイクル寝てしまったということのようです。
昨日、それなりに運動したこともあってよく眠れました。

チェルシー、バイエルンを下してCL初優勝

朝一(7時半)でこの結果だけは確認したんですが
自分達のプレースタイルを貫いての優勝ということで
「悲願達成」なんでしょうけど、個人的には微妙なところ。
「守って守って一発にかける」のはね・・・否定はできないけど
なんとも微妙な気分になってしまいます。
ただ、これでチェルシーの世代交代がまた遅れるとすると
ますます次のシーズンは苦しい展開になるのかも。

という話はさておき昼食をとってゴルフスクールへ。
昨日も書いたようにスイング自体はアタマの中で

レベルにレベルに、水平に水平に

と唱えることで安定してきまして
今日は振り遅れの改善についてコーチに相談。
コーチからは実にわかりやすく的確なアドバイスが。

バックスイングの時にもっと肩をまわすこと

なんとなく余計に振り遅れそうなイメージを持つ人もいると思いますが
逆にヘッドが体の回転を追い抜かすまでの余裕ができるみたいで
まだ自然にできるようにはなっていませんが、
これを今後は意識して取り組んでいくテーマにします。
コーチからは「練習するときのテーマは1つに」と言われているので
その辺はちゃんと考えないといけません。

・レベルに、水平に
・バックスイング時もっと肩を回す
・ゆっくりスイングする

いや、本当課題が山積です。

レッスン後は寄り道して買い物して帰宅。
帰宅後は椅子に座ってしばし熟睡。
目が覚めると相撲中継も佳境に。

旭天鵬、20年かけ初V=栃煌山との決定戦制す

理事長「誠に遺憾」休場欧洲名指しで批判

旭天鵬は素晴らしくて、本当に冷静でした。
本当、プレッシャーがかかるところだと思うんですけど
決定戦での引き技はお見事でした。
20年を超えるキャリアのなせる偉業ですね。
それにしても琴欧州の見苦しい振る舞いはなぁ・・・
お客さんも4敗の力士までチャンスがあると思って
朝からチケット買った人もいるみたいなんで後味悪いです。
どうも大関陣はパッとしない面子が多くて
リストラしたらいいんじゃないかと思うところです。

相撲中継後は久しぶりに姪とガッツリ遊びまして
「おじちゃんまん」と連呼されることにもすっかり慣れました。
今日は昼寝後だったみたいで徐々にテンションが高くなって
大河ドラマを見ている横で踊り続けておりました。
最後は「一緒に帰るか?」って聞かれましたが
明日は仕事なのでといって丁重にお断りさせていただきました。

ということで明日は日食もそこそこにガッツリ仕事してまいります。
あとはニュース。

【テレ朝】 河本準一が完全に犯罪者みたいに報道される

とんねるず「ムリヤリ買わせるシリーズ」を見て思うこと

例の「生活保護」の一件ですけど、事務所が否定したりしている横で
本人が大金を使ってしまう(使わされてしまう)という番組が流れて
ますます火に油を注いじゃっていまして、
これから生活保護を話題にするときは必ずネタになるんでしょう。

個人的には「芸人が金の話をすると笑えなくなる」と思っています。
正確に言うと「いくら貰っている」みたいな話です。
たけしさんが「映画に金がかかっちゃって・・・」とか
さんまさんが「家のローンと養育費が・・・」って話は
彼らがたくさんギャラを貰っていても笑える話ですし、
タモリさんのようにお金の臭いがしない人もいます。
そしてえてしてそういう人は人気があります。

一方で紳助さんのように「商売全面」みたいになったり
とんねるずのコーナーみたいになってくると
ボクは笑えないなと思うわけです。

人気者はたくさんギャラをもらっていいと思うんですけど
その額を知ったりすると、なんか笑えない気になるので
できたらやめてほしいなと願っております。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック