2013年初練習

2013年の初練習。
2週間ぶりの方が調子がいいってのが不満。
思いつめない方がいいんだろう。

1月6日、日曜日、天気は晴れ。
パッと目が覚めたのが9時少し前のこと、
さ、起きるかと思って目を開けたら10時半過ぎ・・・
どこかでタイムワープしたかのような感覚。
軽く焦って起きていつものように一息。

午前中はあっという間に終わり昼食をとって出発。
今年最初のゴルフスクールのレッスン。
今日は空いているかと思ったら勢揃いということで
なんだかんだで皆さん、今日はいるということ。
でも、やっぱり4日は休みの人が多かったようで
仕事あったの9人中2人・・・残念。

2週間ぶりにクラブを握るのでどうなることかと思ったのですが
無理しない、力まない、焦らないというイメージでスイングすると
打球は気持ちよく打てるもので、コーチに褒められるという展開。
スイングが柔らかくなったという一言は自覚はないけど
目指している方向にむかっていることが確認できたので満足。

とはいえ気を抜くと上体が浮き上がっていたので
そこは来週以降、もっと気をつけたいところ。
とりあえず打ちっぱなしも行かなくては。
今年はもう少しラウンドしなくてはと思っています。

帰宅後はゴロッとではなく休憩して仕事の準備。
明日仕上げる必要がある資料があるので
その中身をちょろっとではありますが検討。
走り書きレベルのメモとはいえ、これがあるだけで
進み具合は大きく違うのがいつものパターン。
「紙と鉛筆」ってバカにできないというか大事な仕事道具です。

その後は姪の遊び相手にひたすら。
「しまじろうのレジスター」を使って
延々と買い物するという役目を務めました。
しかしこれが付録ってすごい世の中だな。

ということで明日からは通常営業。
ぎっくり腰の上司は果たして復帰するのか?
そして大量の事務処理をどうこなすか?
いきなりトップスピードが求められそうです。

ってことであとはニュース。

宮台真司 「AKBファン層に目立つ『処女厨』はクソ」 「憧れの女が処女じゃなくなったら終わるのか?頭が悪すぎる」

昔はもう少しまともだったと思うのですが宮台さん・・・
もう「炎上商法」みたいなことしかできないのだろうか?
それにしても元記事のこの組み合わせは
なにかすごく「意識高い」人が好みそうだな。

[書評]中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?(NHK_PR1号)

図書カードもらったので読んでみようかな。
もともと興味あったし、広報というか発信力という意味で
勉強になると思うのです。

雑誌が売れなくなった理由について考えてみた

本当、そのとおりかと。
いわゆる「消費刺激的」な雑誌は売れにくいよね。
実際に買った人の評価はネットで検索できるし
企業側も雑誌以上にウェブに力点置いているし。
そしてなにより「購買力」が昔とは違うという現実。

10年ちょっと前に本屋さんでバイトしていたときには
もう女性誌とかそういう傾向あったものね。
重たいし、ほとんど広告だし、そりゃ売れなくなるはず。

特許庁のシステム開発が破綻した本当の理由

もう少し中身のある内容を期待したのですが・・・
官僚が悪い、ベンダーが悪い、挙句に政治家が跋扈って・・・
仮にそうだとして解決策みたいなものが薄いこと薄いこと。
これでこのタイトルは嘘っぱちではないだろうか?
「優秀なエンジニアが10人いれば作れる」とか、ねぇ。
だったらTSOLだってそうしただろうっての。

こういう記事書くならせめて新システムが
どういう機能を盛り込もうとしていたのかくらいは
ちゃんと勉強して書かないとダメでしょ。
きっと仕様書も読んでいないんだろうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック