反省の帰り道

毎月月初のピリピリがやってきました。
もっと余裕があればいいのだけれど・・・反省の帰り道。
これだけは簡単になんともならないです。

3月5日、火曜日、天気は晴れ。
昨夜は帰宅時に雨が降っていて困りましたが
今朝はスカッと晴れまして、ついでに凍結と。
一時期の氷点下5℃なんて状態ではないのですが
朝のなんとも微妙な寒さはまだ続いております。

月初ということもございまして先月分の費用に関して
お取引先から請求が飛んでくるのが今週。
システム使ってそれを処理していくのがボクの仕事なのですが
それなりにエラーというかイレギュラー対応が必要でして
請求対応が始まると先月もそうですが
担当者としてはピリピリせざるを得ない状況です。

傍から見ればなんでそんなに尖っているのか?と思われそうですが
いかんせん「お金が動く」ってことでミスは許されませんし
その額が大きいということもありまして気が抜けません。
今日はエラー×2とかいろいろございまして
かなり青ざめるというか各方面に対応をお願いして乗り切りました。
(もともとは現場でのミスからスタートしていますが)

その間はかなりイライラジリジリしながらやっていましたので
部長からも「そんなにピリピリしなくても」と一言。
ま、そうなんですけどね・・・でもまだ余裕がありません。
正直、完了後はグッタリしますし、帰り道は反省のひとときです。
なんだろうな、これは慣れるべきものなのか?
それとも緊張感を持ち続けるものなのか?わかりません。

明日もピリッとムードは続きますが何とか乗り切りたいと思います。
ってことであとはニュース。

ユニクロがブラックな本当の理由。キャリアの分断にみるユニクロの真の闇

「ブラック」の定義が人それぞれなので
最近、この手の話がいろいろ出ていますが
なんだかまとまらないというか全体感が掴みにくいところ。
そもそも「サービス残業」は違法ですからブラックではなくて
「脱法企業」とでも言えばいいのかもしれません。

で、ユニクロですが、これはそうなんでしょうね。
でも、ボクが学生の頃は「店長」もバラ色のような話を
学生向けの説明会でしたいたような記憶があります。
(もちろん成果をあげるということが前提ですが)

結局この記事で指摘されている話がちゃんと説明されていれば
それはそれで「ブラック」ではないのだと思います。
もちろん店長の裁量権と労働時間については別問題です。

女子高生が鶏を育てて解体して食べる 「命の授業」は残酷か?

この話については一昨日のブログに書きましたのでそちらをどうぞ。
ボクは残酷ではなく、大事な授業であったと思います。

原口一博氏、1977年に未来へ行き原発事故の光景を見ていた

あれ?変な葉っぱとかハーブとかを食べちゃったのだろうか?
未来をみていたなら、政治家としてちゃんと動けよ!

香川、清武、乾の“トリオ”に続け!柿谷曜一朗、代表入りの日を考える。

これは確かに見てみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック