情熱大陸20130929 『川田十夢』 #jounetsu

たくさんの人がテレビの画面にスマホをかざしている光景は
きっとものすごく奇妙というか珍妙に見えただろうと思うけど
実際に体感してみると異様にワクワクしてしまいました。
「AR」って楽しい技術だな。

テレビがつまらなくなった

なんて話はもう何年も前から言われていることで
実際、「視聴率」という1つのものさしで比べても
間違いなく「娯楽の王様」であった頃とは
比べるまでもないくらいにその数値は低下しています。

理由はきっとたくさんあるんでしょうけど
個人的には「面白い番組がなくなった」ということが
圧倒的なのではないかと思っています。
事実、面白いと言われたドラマは視聴率をとりますし
そうでないものは悲惨なことになっています。

さて、今回の放送。
いつもの情熱大陸だと「主人公の生き様、姿勢」が
前面もしくは底辺に流れるように構成されていて
見終わったときに「頑張ろう!」と思うことが多いのですが
今回の放送は最後まで「実験」だったなと感じました。

「AR」という技術はなんとなく知っていましたが
これだけ幅広いことができるんだなとあらためて感心。
「目からビーム」から最後のAKB48の人気投票までの
幅広さというか進化に多くの人が驚いたのではないかと思います。

正直言うと今回の放送って「川田十夢」さんを取り上げたというよりも
作品やARの可能性みたいなものを取り上げながら
川田さん自身がどんなことを考えているのか、何を目指しているのかを
30分間の番組の中で尻上がりに盛り上げていったように思います。

で、その結果が・・・

【悲報】情熱大陸のアプリで通信エラーが続出 苦情の嵐 #tbs #情熱大陸

正直言うとボクはずっとつながっていました。
テレビにスマホをかざしてAKBの柏木さんを見続け
その画面を親にも見せて家族で盛り上がっていました。
なんというか「初めてテレビを見た人」って
きっとこんなリアクションというかテンションだったのでは?
それくらい画期的なものを体験させてもらったと思っています。

やっぱり「テレビ」というメディアにはまだまだ可能性があるなと。
ただ単体ではなくいままではつながらなかった技術やサービスと
リンクしたときに「面白さ」がまた提供されるんだと感じました。
そして番組的にも「画期的チャレンジ」でしたな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック