情熱大陸20141109 『池松壮亮』 #jounetsu

客観的に評価される基準を自分の目標にすると
すぐに慢心して過大評価するか
いつまでも満足できずに追い続けるかになってしまうはず。
俳優ってのは大変な仕事ですね。

時折見かけるその名前。
でも作品をまともに見たことないからなんとも言えない。
俳優さんというのは「虚構」を「真実」に見せる仕事だと思うのですが
果たしてどうやったらそんな難しいことができるのだろうと
この番組に限りませんが、俳優さんの密着を見ると
そんなことを考えてしまいます。

結局、自分の中で考えて考えて想像して「役」になるんでしょうけど
そのプロセスが個人ごとにあるわけでして
池松さんはどんな感じなんだろうと見ていました。
正直「リアリティ」という面では先週の羆猟師の方とは
到底追いつけない違いがあるわけですしね。

30分見て思ったのは「気を使う人」なんだなと。
おそらくは演じる上でもたくさん考えて
一緒に共演する人に気を使っているんだろうと感じました。
それが時に取材する側への拒否に近い対応に
でてしまうわけですけれども、それはそれで正しいですし。

実のところ、それ以外のことって寡黙な彼からは
明確にアピールするようなことはほどんどなくて
きっとこれからも遠くで見ている人にはわからないけど
自分と近くにいる人だけが見える範囲で
すごく気をつかいながら演じていくんだろうなと感じました。

「いい役者になりたい」

って本音なんだと思うけど、難しいことだよね。
決めるのは芝居を見ている人。
自分の会心の演技が認められずに
もしかしたら不本意な演技が認められることもあるはず。
これからも頑張ってほしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック