プライドはわかるけど

自分のプライドを守るために何でも他人のせいってのは
一番守りたいプライドを自分で傷つけてやしないだろうか?
結局のところ、そんなものなのかもしれないけど・・・

3月25日、水曜日、天気は晴れ。
本日も寒い東京郊外、気温も低いのですが風が冷たいのです。
今朝はしばらくぶりに寒さで一度目が覚めたほどで
布団から出るのに気合が必要というか起きたくなかったです。

唐突ですが仕事で一部ピリピリした状況が我がチームにございまして
部長も上司も「ちょっと困ったな」という感じに陥っております。
当然ですけどボクも「これどうするの?」という感覚・・・
理由はなんだ?というと、先輩が手がつけられない状態になっていまして
なんというかみんなもう手を出せないよねと匙を投げ気味。

もともとある仕事を先輩に上司が任せたのですが
最初に出てきたアウトプットがいきなり方向違いというか
オーダーと違うものとなっていて、上司が収拾しようとしたのですが
「なんでそうしなくてはいけないの!」というリアクションをしだして
チームメンバー呆然・・・どうもその仕事に思い入れがあるみたい。

もちろん仕事に思い入れがあることはいいことなのですが
「自分の思い」と「本来の目的」が一致するとは限りませんし
不一致の状態で自分の思いを優先してしまうと
もう完全に方向違いになってしまいます。
今回の場合、先輩は思いを取ったようで(いつもそうだけど)
出てきたアウトプットが正直理解不能・・・どうするよ状態。

ここで普通ならレビューなどを受けて方向転換するわけですが
先輩はとてもプライドの高い方なので素直に受け入れていただけない・・・
やれ「みんなの意見がバラバラだから」とか「私はこう思う」とか
「そもそもこの仕事は不要だと思う」とか・・・いやいや困ったね。

成果が出ていないので何を言われてもこちらとしては
「そうですね!」と相槌を入れる余地もなく(だってダメなんだもの)
でも、意見を言おうものならトンデモ理論で言い返してくるとか
一体ここは会社なのだろうか?と思うほど。
ま、後輩でかつ経験も浅いボクにコメントされるのは
先輩からすれば受け入れがたいのかもしれませんが
部長や上司にも噛みついている醜態を見ていると
「守りたいものを傷つけている」ようにしか思えないのですけどね。

ここから先は部長に収拾をお任せして手を引きますが
これでは怖くて周りは仕事頼めないよな・・・
何か明らかに損しているんだろうけど、これ以上はノータッチにします。
なんてモヤモヤした状況なのですが
それ以外の仕事は無事に進んでいるのでとりあえず良しとします。
結構ストレスは溜まっているんですが・・・フゥ。

精神科医・香山リカ 「オバマ大統領は『my military』とは言いません」 ⇒ オバマ「my military」

言いがかり失敗!
妄想癖が強すぎるのではないだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック