20170227画期的

どうやって「落とし前」をつけるのか?と思っていたら
あっさりと「解任」という展開はなかなかに画期的。
それにしても「悪手」を打ち続けるメンバーって・・・

日本将棋連盟 理事3人の解任決まる

明らかに失態を犯した理事5名のうち、3名が多数決で解任ということで
また一段、今回の「冤罪事件」についての対応が進んだという見方もできます。
一方でなぜこんなことが起きたのか?
一体誰がこんなことをいい出したのか?
何より未だに説明責任を果たさない竜王は何を考えているのか?という
大事なところが抜けているんですよね。

そこに対して佐藤新会長と残った理事及び今後選任されるであろう
新理事が三浦さんの名誉回復と損害賠償、そして落とし前をつけることが
組織としての自浄作用を見せる意味でも、信頼を回復するためにも必須です。

将棋連盟の理事3人、解任される。佐藤康光会長「棋士の不満が大きかったと思う」

そりゃ「強いと疑われて出場停止」なんてことを根拠もなく
OKとしてしまう運営組織なんて当事者の棋士さんたちからしたら
怖いし、何より信用出来ないって話ですから当然。

「渡辺明竜王を弁護する」弁護士が文書公開も「怪文書」と物議⇒削除 どんな内容だったのか?

名指しされた記者の独断なのか、竜王も関わっているのか・・・
なんでも「PDF」の製作者の名前が渡辺明なんだとか・・・
どこまで悪手を打つのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック