情熱大陸20151122 『鎌田浩毅』 #jounetsu

難しくことを難しく伝えることは簡単で
難しいことをわかりやすく伝えることは難しい。
本当にわかっている人だけができることなんでしょう。

いつか起きるぞと言われ続けているのが「大地震」と「噴火」。
そして本当にそれが起きたのが東北・東日本大震災。
それ以降、次々と火山が噴火(まだ小規模だけど)していて
御嶽山では多くの死者を生むほどの大惨事となってしまいました。

そんななかでこれまで専門家である学者さんたちによって
研究が続けられてきた地震や火山に関する情報が
防災、減災という観点から一般人に対して様々な形で
オープンになるようになってきました。
この辺はきっと多くの人が意識していないかたちで
テレビなどで解説している先生方のおかげなのでしょう。

その一翼を担っているのが鎌田先生ということで
今回の放送も難しい火山の話をわかりやすく伝えていく
鎌田先生の日常を取材していました。

ただそのわかりやすさというのは「高い使命感」に支えられていて
震災以降続く、火山活動の活発化がいずれもたらすかもしれない
大災害に対する警鐘とそれに備えるべきというアナウンスです。
わかりやすく、楽しく伝えてくれているけど
そこには危機感が詰まっているということを感じないといけませんね。

それにしても大学の先生ってこういう風に伝えてくれるんだよね。
そうじゃない先生が世の中多すぎではないだろうか?

"情熱大陸20151122 『鎌田浩毅』 #jounetsu" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。