実務こそ大事

「実務」をおろそかにしている人の話は響かない。
同時に出てくるアイデアは必ずボロがでてくる。
そこに気がつくかどうかはプレーヤーとしての大きな分かれ目なはず。

「実務」をやらない人がいる。
言い換えると「ルーティン」をやらないでいいと思っている人。
ボクを含む他のメンバーが担っているからそれで済んでいるけど
なぜか上司は黙認しているし、本人もそれでいいと思っているようだ。

一方で長年、うちのチームにいるけど(ボクより長い)
ルーティンについてきちっと理解していないことで
出てくるアイデア、企画は常に詰めが甘いというか穴が開いている。
その「穴」を指摘すると怒り出すか、上司にヘルプを求めておしまい。
だからいつまで経っても「仕事の核」を理解できない。

フワッとした話、取引先からの耳障りのいい話は好きだけど
トラブルだったり、調整ごとになるとお手上げに。
正直、本人のキャリアがこれ以上伸びないことが危惧されるし
何よりチームにこのままいてもらっていいのか?という点が悩み。

それゆえに上司とはタスクの与え方、本人への指導について
何度か意見をしているが、どうも響かないというか動かない。
先日書いた「やったほうが損」というのも実はここが原因。
実務に取り組むほうが何につけ、損をするような状態になっている。

今日もこの点について上司とかなり激しくぶつかった。
「チームなんだから」という一言で片付けてはいけない。
困ったときだけ「チーム」を強調する人はいつもこんな感じだ。

"実務こそ大事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。