テレビ会議のお作法

「テレビ会議のお作法」的なものがあるんだとか。
そんなものはどうでもいいけど、録画も録音もできる環境で
高圧的な言動をし続けるのは命取りだと思うんですよ・・・

昨日は当番で出勤したんですけど、本当に週イチ出社だと
行ったときに対面でやりたいことは集中するし
何より「不快な人物の存在」によるストレスもないし快適そのもの。
上司と軽く雑談しながら、サクサクと仕事していい一日でした。

で、本日はテレワーク。
もうね、ほとんどのことは出来てしまうというか
コミュニケーション的なものも「取るべき人」とは円滑で
こんな感じで緊急事態宣言が解除されても
適宜続けていきたいところです(全面終了になったら退職を考えるレベル)

そんななかで隔週でやっている「役員」へのご報告。
そもそもは前任役員へのブリーフィングというかたちだったのだけど
いまの役員はパワハラ体質なので、各チームともに会議室で
ギャーギャー言われる単なる苦行。
こんなもん止めてしまえばいいんだけど、部門長たちが
アホみたいに続けている(会社員だからね)。

前回も突然ギャーギャー言い始めたんだけど
何しろ鬱陶しいんでテレビ会議ってこともあって「ミュート」して
心底「アホだな」と思っていたんですけど
案の定、今日も馬鹿みたいに騒ぎ出してミュート。
で、最後に「すいませんでした」と言っておしまい。

まったくテレワークで顔見なくて済むのは快適なんですけど
とにかくたまに会議で遭遇するとその「時代遅れっぷり」に呆れ果てます。
ただね、テレビ会議なんですよ、録画も録音もできる環境。
いままでなら閉じられた会議室での暴言悪態も
映像と音声で記録できちゃうんだよね。

ただでさえ人望がないんだから、リスクしか無いのに・・・
テレビ会議の「お作法」として、人として普通の態度を取りましょうね。

"テレビ会議のお作法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。